マンション同居で老親が元気になった話

※この話は両親が健在だった頃の話です

老々介護と遠距離介護の限界を迎えて、同居することに

 

f:id:onlychild-kotori:20170307171019j:plain

新築のマンションの4LDKで大人4人の暮らしが始まりました

 

マンションに引っ越しして半年はそれまでと変わらないと夫との暮らし、同居が始まると「これから変わっていくのかな~」と呑気にぼんやり考えていたのでした

 

同居に関しては夫と結婚する前に約束していました、

「一人っ子だし、いずれ親の面倒を見たいと思っているから同居も考えてるんだけど」と伝えていたのですが、その頃はまだまだ先の話だと思っていたわけで、夫も同居を真に受けていなかったのかもしれませんね

 

マンションに引っ越してから半年で同居するというのは予定外だったかも

 

 それでも夫は「仕事で日中はいないし帰りも遅いから気にしなくてもいいよ~」

「夫の親より嫁さんの親との同居の方がうまくいくみたいだよ」と言ってくれたりして本当にこの人と結婚して良かったなと頼もしく思ったものでした

 

母いわく、「こんな風に思ってくれる男の人って少ないんだよ、(夫の名前)ちゃんを大切にしないといけないよ」と事あるごとに言ってくるのでした。

 

 

さて、マンション生活をスタートさせてからあんなに伏せていた老々両親が元気に♪

 

暗くてあまり陽が入らないどんより感満載の田舎の家から、日差しが差し込み段差のないフローリングの部屋へ、窓から見える町並みや海や山や広く見渡せる空の風景など見て両親の気分も明るくなってきたのでした。

 

「きれいだね~」を連発していましたから

 

娘と一緒に暮らせる安心感もあったとは思うけど、寒くて冷たい台所から対面キッチンになり、冷たいタイルのお風呂場から足元ひんやりしないお風呂場、シャワー洗浄付きのトイレになって本当に嬉しそうでした

 

歳をとって田舎から出てきた人がマンション住まいが始まると寂しい思いをするようなテレビのシーンを見たことありますが、うちは違いました。

 

元気になりました。

 

父は寝てばかりの生活からベットでも起き上がり、放送大学を見たり、新聞や本に目を通すようになったり、長年嗜んできた俳句も明るい句が出てくるように

 

母は着ているものがちょっとだけ小奇麗になり、部屋に花を飾りたいと言い出したり

郵便局やスーパーも5分以内の場所だったので荷物を載せるコロコロを引っ張って出かけるようになったのでした。

 

生きていく場所でこんなに人って変わるんだと思った出来事です

 

うちにとってはマンションで同居を始めて老親が前向きに変化して良かった事例です

 

しかし、老親とマンションで同居を始めてから後々問題点もありました

その事はまた、改めて書いていきたいと思います。